東京独身生活のイエ

大都会東京で肩を寄せ合って生きる生活のイエ。メンバーの日常をご紹介

葬儀の準備を1人で背負う必要はありません

葬儀を1人で取り仕切るのは大変です

人が1人亡くなるということは大変なことです。
そのため訃報に接したら、すぐに準備をしなければなりません。
まだしも自分たちで葬儀を行う事になれば色々な事をしなければなりません。
書類などの提出も必要でしょうし、他にも財産などはある場合には整理する為の手続きなどが待っている事でしょう。
全てが穏便に進めばそれに越した事はありませんが、人には色々な人がいて考え方もそれぞれに違う事からどれだけ正論を述べたとしてもそれが通らないばかりか負担ばかりが増してしまう事もあるかもしれません。
そのため、1人で全てを背負い込まず、いろいろ分担することが求められます。

きちんと話し合ってこころよく送り出してあげましょう

生活の木メンバーにしても、冠婚葬祭とは無縁ではありません。
葬儀に関しては自分が喪主の立場にあったとしても色々な話し合いは成される事になるでしょう。
桐ヶ谷斎場での葬儀費用などの事に関しては後にもめる事のないようにきっちりと決めておく事が必要です。
既に亡くなってしまった本人には正直な所もう何も感じる事も聞く事も出来ないかもしれません。
しかしそれでも自分が亡くなった事によって身内に何らかのトラブルが生じる様子などを見ていたいと感じる人は居ない筈です。
葬儀の規模や内容な兎も角として、身内に自分の思い出を思い出してもらいながら優しい顔で見送って欲しいと考えるでしょう。
どんな原因があったとしても言い争いなどをしたり苦虫を潰したような顔で参列しているような身内や知人を見たいと思っている人はいないでしょう。

メンバー同士で助け合うことで、葬儀の負担を軽くできるかも知れません

人が1人いなくなるという事は記憶の中にもぽっかりと穴が開いてしまう事かもしれません。
喪主になった場合には悲しみがどれだけ深かったとしても直ぐに色々な行動をする事を迫られる事になります。
精神的に追い詰められるような出来事に遭遇する事もあるかもしれませんが、そんな時に心から支えあう事の出来る人は1人でも居れば気持ちの面でかなり違ってくる部分があるでしょう。
そんなときこその生活の木メンバーです。
その存在が自分の兄弟であったり伴侶である場合もあるかもしれませんが、どういった立場の人であったとしても信頼できる人を近くに作っておく事は大切な事でしょう。

pick

東京独身生活のイエ新着記事一覧